宇宙とつながって、魂を描く

星の表現者・未生希えみ(みぶきえみ)がおくるIn the Pinkの世界。

➡プロフィールはこちらから
➡In the Pinkの世界はこちらから

福岡のメインは、とっても楽しみにしていた、アートレッスン。

10月半ば過ぎに、偶然、八坂圭さんのことを知り、今日お会いすることができた。

圭さん、ものすごく声がいい。

誘導瞑想で、本当い久しぶりに、心地よくなれた。

10月に入ってから、ホロスコープを通してだったり、星空を見て感じることだったりを、表現したいなという思いが、沸々と芽生えてきた。

そんな時に出逢った圭さんの、考え方は、直球で心に響く。

すぐにメールを送って、今日のアートレッスンのことを知り、即申し込み。

福岡っていうのも、とってもありがたかった。

東京行くのに比べると、めちゃ近いから。

うまく書くとかではなく、心のままに、手が動くままに、筆を置く。

最初の一筆は、まるで始まりの合図のベルのように。

瞑想をして、一筆ずつ丁寧においていくと、今までいろんなことが、過剰だったんだなって、ストーンと落ちてきた。

たった6色で描く世界。

それでも、すべての色は要らないのだ。

最初の1枚。

瞑想前は、ブルーがのっていない状態だった。

(写真撮っておけばよかった。)

最後の色は、のせる直前まで、グリーンだって感じていたのだけど、筆が入っていったのは、ブルー。

そっと1本の線を引いただけなのに、こんな風に拡がって、全くイメージが変わった。

太陽と火星のエネルギーの上に、大きく現れる海王星のようなイメージだ。

魔法の剣を持っている感じ。

色がにじんで、拡がっていく様子路じっと見てると、これって、海王星だなって、素直に思うのだ。

これが2枚め。

イエローから始まったのは、1枚目と同じ。

だけど、運んだ筆の流れとは無関係のように、拡がっていく。

沢山の色は要らないという感覚が、1枚めよりクリアで、最後の色も、イエロー。

結局、2色だけになった。

ここにも、太陽の光のイメージがあるけど、内側から照らされているような印象だ。

太陽系は、もちろん太陽が中心だけど、その周りを取り囲む、もっと大きな宇宙の中にあるもののイメージ。

冥王星と太陽が近ジャンクションしている人のような感じかな。

レッスンを終えて、とってもお腹が減った。

最近、美味しく食事を食べることが少なかったけど、ランチもとっても美味しくて、終了して新幹線に乗っても、お腹すいたな~って、思うくらい。

やっぱに何かが過剰で、消化しきれてなかったのかも・・・。

完成した絵は、乾いたら、後日圭さんが、切り取って送ってくださるそうで、今からとっても楽しみ。

11月は、シンシアの周年記念。

今年は、占星術だけに絞るという手放しをした年だったけど、まだまだ、過剰なものがあったよう。

楽しいこと、心が喜ぶことをする。

仕事と遊びの境目が、まるでにじみあるようになくなっていく。

ますます、そんな風になるんだなって。

自分が表現するもの、描くもの、奏でるもの、すべてが自分自身であり、宇宙であること。

大切なことって、案外身近にあるし、沢山はないのかもしれない。

 



Healing Space Cynthia シンシア

ホロスコープに描かれているのは、人生の使命と才能です。
占星術は、あなたが持って生まれた星を最大限に表現することをサポートします。

広島県内をはじめ、東京・名古屋・大阪・北海道・仙台・福岡・沖縄・イギリス・アメリカ・マレーシアからも、ご依頼いただいています。