色を取り戻す

優しい自分、弱い自分じゃ、生きていけなかった。

だから、その気持ちが見えないように、しっかりと鍵をかけて門番をしていた。

誰かに見つけられないようにじゃなくて、自分が気づかないように。

正しくないと強くないと、そこに立っていることさえ、許されなかった。

どんなに閉じ込めても、なくなることはない。

記憶から排除しても、なくなることはない。

だったらその想いを取り戻そう。

あの日、手放してしまった、たくさんの色を取り戻そう。

色のない世界を、生きてきたからこそ、色の美しさを感じられるはずだ。