卒業シーズンになると、思い出すのは涙と怒り

\月の記憶の声を聴く人/

月の記憶の声を聴くと
本当の自分に出逢える!

あなたの人生最悪!」という占い師一言から始まった占星術の探求➡鑑定人数10000人越えの占星家へ

➡最新情報はアメブロから
➡みぶき えみの世界観はこちらから

● 卒業シーズンになると、思い出すのは涙と怒り

こんにちは。大人のための占星家・蛭田えみ(Emmy)です。

卒業式は、みんないろんな思い出があるんじゃないかな。

私が印象に残ってるのは、ふたつ。

看護学校の先輩の卒業式と長男の卒業式。

自分のはないんかい!!って、突っ込まれそうだけど(笑)

 

看護学校の卒業式

看護学校は、全寮制で、今じゃ考えられないほど、規則規則の生活だった。

3年生までの各学年2人ずつの6人部屋。

プライバシーなんてない生活。

軍隊かいって思うくらい!

先輩が卒業する時、ありがとうでもなく、淋しいでもない、こんな涙だった。

うらやまし~~

寮生活、実習生活が終わることが羨ましくて、仕方なかった。

ここを去ることができるんだなって思うと、それだけで泣けてきた。

 

長男の卒業式

長男の中学の卒業式の時。

私は一足早く帰ってた。

後で帰ってきた長男の制服を見て、唖然。

ボタンがすべてなくなっていたこと。

卒業式に、好きな人の、第2ボタンをもらうっていうの、聞いたことある?

中学の頃はもててた長男。

第2ボタンどころか、すべてなくなってた。

その制服、二男に着せる予定なのに。

ボタン買わなくちゃいけないじゃないか!!!

じわじわと、怒りがこみ上げてきた。

皆さんは、どんな卒業式の思い出がありますか?

 

 

ふんわり風船星 25,000人が読んだ・星のメルマガ

鑑定人数10,000人越えの
「月の記憶」の声を聴く心理占星家
みぶき えみがお届けする星の言葉たち

ー人生が変わる星の世界24ステップー
50代の選択が、未来を分ける!

◉24通の無料メール講座に登録

image

月の記憶の声を聴くことは、本当の自分に戻ること。
自分を生きると、仕事、健康、お金、人生が変わる!