土星の旅~京都へのご先祖様供養

\月の記憶の声を聴く心理占星家/

月の記憶の声を聴くと
本当の自分に出逢える!

「あなたの人生最悪!」という占い師一言から始まった占星術の探求
 ➡鑑定人数10000人越えの占星家へ

➡みぶき えみの世界観はこちらから
➡X(Twitter)はこちらから

7月4日・5日、例年の京都へのご先祖様供養に行って来た。

新幹線は、さくらに乗りたいという、夫の希望。

お参りの前に向かいたい場所も、京都より新大阪の方が、近かったらしく、ゆったりしたシートで、ゆるゆるのスタート。

風鈴の音が、とっても綺麗だった。

最近は、風鈴の音も、騒音っていうカテゴリーらしく、家では使いにくいよね。

渡月橋を渡って、嵐山。

どんな時も、自然の中にいると癒される。

真夏を迎える前の梅雨時に似合う、紫陽花。

どんなエピソードがあったのかは、思い出せないんだけど、とっても懐かしい感じがした。

昔は、紫陽花といえば、セットのようにくっついてたカタツムリは、いなかったけど。

ホテルは、リヴェルト京都鴨川さん。

予約した後に、支配人が夫の知り合いだとわかって、すごいシンクロ!

広々としたお部屋で、ゆっくりくつろげた。

庭園が見えるバスは、窓が三日月になってて、とっても素敵だった。

ゆったりソファーでは、ずっと夫が寛いでた。

和室もいいけど、ソファーもいいななんて。

バーコーナーは、今時らしい、紙コップ。

到着後に、美味しいコーヒーを入れて、寛ぎました。

2日めは、鞍馬山。

この階段を登って、鞍馬寺へ。

次に行ったのは、ここ。

お庭の紫陽花も、とっても綺麗だった。

お抹茶をいただいてから、岐路へ。

夫は、広島育ちだけど、大阪生まれで、大学も大阪。

なので、大阪まで足をのばして、お好み焼き。

広島育ちの私にとっては、広島のお好み焼きになじみがある。

関西風のお好み焼は、ソースの味が、やっぱり違うなって、思ってしまう。

でも、美味しかたけど。

2日間、修行のように歩き疲れたけど、今までを振り返るいいチャンスにもなって、土星山羊座時代の、締めくくりのような旅だったかな。

 

あなたの星の世界をのぞいてみましょう❣