いつからワードで絵を描いてたんですか?

\月の記憶の声を聴く人/

月の記憶の声を聴くと
本当の自分に出逢える!

あなたの人生最悪!」という占い師一言から始まった占星術の探求➡鑑定人数10000人越えの占星家へ

➡最新情報はアメブロから
➡みぶき えみの世界観はこちらから

● いつからワードで絵を描いてたんですか?

こんにちは。蛭田えみです。

トリオン座のこの絵、ワードで描いてる。

ワードだと、こんな風に優れてるから、ワードを使ってる!!なんてことはない(笑)

他の、難しいソフトが使えないから、ワードを使ってできないかといろいろやってるうちに、描けるようになった。

 

先日、いつからワードで絵を変えてるんですかって聞かれた。

いつだろうって考えてみると・・・

看護師時代の、新人教育のテキストかな。

看護学校に、小児看護の講義に行ってるときは、イラストを切り貼りして、テキストを作ってた。

でも、血液内科で新人教育をするには、血液のことを詳しく知らなきゃダメ。

いくら、プロだとは言っても、文字だけ並んでる教科書は、読みずらい。

もっとわかりやすくならないかなって思った時に考えたのが、血液細胞のイラストを描くっていう事。

赤血球は比較的簡単だった。

たくさん種類がある白血球を、どう描こうかって、悩んだのを覚えてる。

その結果できたのがこれ。

多分、ここから、私のワード絵が始まった気がする。

だとしたら、看護師時代の経験って、メッチャ役に立ってる!!

経験って宝だな~。

ふんわり風船星 25,000人が読んだ・星のメルマガ

鑑定人数10,000人越えの
「月の記憶」の声を聴く心理占星家
みぶき えみがお届けする星の言葉たち

ー人生が変わる星の世界24ステップー
50代の選択が、未来を分ける!

◉24通の無料メール講座に登録

image

月の記憶の声を聴くことは、本当の自分に戻ること。
自分を生きると、仕事、健康、お金、人生が変わる!