絵本が語りかけてくれる、今を生きることと人生の歴史

今日は、私の大好きな本を紹介します。

つみきのいえ

大人になると、絵本は読まなくなるけど、とっても心にしみる、メッセージが隠れているものが多い。

この作品は、2009年米アカデミー賞短編アニメ賞はじめ、数々の賞に輝いた短編アニメーションだ。

海面が上昇する度に、新しい家を、何個も積み上げてできた、つみきのいえ。

今住んでいる所より下の家は、普段は海底に沈んでるけど、家族との懐かしい思い出がつまってる。

そんな家に住むおじいさんが、ふとしたきっかけで、下の家を見ていくことになる。

その時に起こった、懐かしい出来事や、自分自身の成長。

普段の生活の中では、あの時、こうしなければよかったというような、いわゆる反省という形でしか、なかなか過去には目が向かないものだ。

40代、50代の私たちもそう。

30代の頃は忙しすぎて、過去を振り返ることなんてなかったかもしれない。

だけど、ふと振り返った時に、確かにあの時代はあったと気づく。

戻いりたいなって思う人も、もっとこうしていればと後悔の想いを持つこともあるだろう。

でも、あの時を生きてきたからこそ、今ここに立っているのだ。

人生に限りがあることなんて、考えてもみなかった少女の頃。

今は、リアルに人生があと半分を切ったと思うからこそ、感じることができること。

築き上げられてきたものは、私たちの人生の歴史そのもの。

過去を、精いっぱい生きたからこそ、後になっても輝いていることができる財産になっていくのだ。

若いころの星の使い方は、もてる可能性をどのように活かしていくのかが焦点になる。

だけど、大人の占星術は違う。

今まで育ててきた星の才能は、成熟してもともとの質からは考えられないほどの、成長をしていることがあるからだ。

まだ使ってない種があれば、それも楽しんで発掘する。

そして、育ててきた自分の才能も、想いきり愛おしい気持ちで、使えるといいなって思う。

今ここに生きてる私たちは、自分の歴史を生きてる。

誰にもまねできない、オンリーワンの歴史を!

 

 






Healing Space Cynthia シンシア
シンシアは、星の才能を表現するための、大人の占星術のサロンです。
ホロスコープに描かれているのは、魂の目的です。
占星術は、あなたが持って生まれた星を最大限に表現することをサポートします。

・お問い合わせはこちら(24時間受付)

 インスタフォローしてね
 アメブロ更新中
 お問い合わせはLINEから 「@mibuki」で検索!