人生100年時代を、どう生きるのか?

星の表現者・未生希えみ(みぶきえみ)がおくるIn the Pinkの世界。

➡プロフィールはこちらから
➡In the Pinkの世界はこちらから

人生100年時代。

とはいっても、50代は、自分の健康、親の介護、友達や職場での人間関係、仕事の悩みとともに、これから先、どんな生き方をしたらいいんだろうっていう、焦りも感じる。

人生の折り返し地点に来たと感じるとともに、残りの人生についての、不安も感じやすい年齢だ。

これから、どんどん成長していくと感じられる、10代や20代の頃とは、未来の見え方が、明らかに違ってくる

新しいことを始めるのは怖いけど、挑戦して豊かな人生を送るのか、諦めの人生を送るのか。

人は、やったことの後悔より、やらなかったことの後悔の方が大きい。

私は、死亡率の高い病棟で、看護師として働いてた。

人生の最期に、「元気なうちに、もっと〇〇しておけば良かった!」と後悔される人がとっても多かった。

「〇〇しなければよかった」っていう言葉を聞くことは、ほとんどなかった。

仕事で成功し、豪邸を建て、多くの富を築いたけど、もっと、地位や名声に関係ない友人と、楽しい時間を持ちたかった。

老後のためにと貯金しか考えなかったけど、治療費以外に、使うことができなくなったお金を、もっとやりたいことに使えばよかった。

会社を辞めて、自分がやりたいことに、挑戦するチャンスがあったのに、安定を手放せず、この選択でよかったはずだと、言い聞かせる人生を送った。

その他にも、たくさんのやらなかった後悔を、聞いてきた。

だから、人生の後半、もっと自分らしい人生を歩くため、選択や挑戦ができるようになりたい!

そう思って当然。

苦労することが、まだまだ美徳で、社会の常識に縛られて、その中で認められるように生きることが、当たり前だったアラカン世代の私たち。

だけど、その価値観、もう脱ぎ捨ててもいい。

新しい時代に、眠っていた自分を取り戻す、In the Pinkの世界を創ろう!

もっと楽しく、もっと魂が喜ぶ生き方を選択できるのだ。

世代の常識に縛られた、枠の中に閉じ込めることじゃなくて、自分の価値観を大切にして生きていくこと。

私が叶えたい夢。

私たちひとりひとりが、ただ、生きているだけで素晴らしいと思えるIn the Pinkの世界を創ること。

そのための方法は、たったひとつ。

自分を丸ごと受け入れること。

そうすることで、他者を受け入れることもでき、争いがなくなると思うのだ。

ちょっと、カッコよく言うと、自己肯定感を高めることとか、絶対的自我を持つとか、自己一致させることだ。

自分を丸ごと受け入れると、毎日が本当に楽になる。

健康や仕事などの、悩みが解決するだけじゃなく、その先にある、未来をイメージできるようになる。

すると、明日が来ることが楽しみになり、今日生きていることに感謝ができる。

言葉にすると簡単だけど、自己肯定感が低いといわれる国民性の日本人、そして、個性よりも、常に他者との比較の中で生きてきた私たち世代にとっては、結構難しい。

私は、元気で明るいっていう印象を良く持たれる。

それは、もともと、そうだったわけじゃなくて、幼少期からの、自己肯定感の低さに、葛藤してきたからこそ、何とかしたいともがき・悩み、自分を取り戻す方法を模索したからだ。

自己価値が低く、何かを成し遂げることや、人の役に立つことでしか、自分の価値を認められなかった。

誰も信用できないし、人より優位に立っていないと、生きていけないくらいに思ってた。

だから、必死で、社会に認められる、偽りの自分を作って来たし、弱いと思う自分を封印してきた。

そして、そのバランスが破綻した時、アイデンティティクライシスが起こり、立っていられないほどの、衝撃を受けた。

でも、結果的には、すべてが壊れて、自分が自分じゃなくなる経験は、必要だったのだと思う。

まだまだ、回復の途中だし、悟りきったわけじゃない。

だからこそ、自分が経験したこと、学んだことをシェアすることで、ともに成長していけたらと思ってる。

今、自分を丸ごと受け入れられないって感じていても、受け入れられない自分がいることにすら、気づいてなくても、きっと人生を変えていくことはできる。

占星家として10000人を鑑定してきた経験、死亡率の高い病棟で、看護師として20年間働いた経験は、生と死を考える大きなきっかけになった。

だからこそ、私に伝えられることを、正直に飾らず伝えていきたい。

 

 



Healing Space Cynthia シンシア

ホロスコープに描かれているのは、人生の使命と才能です。
占星術は、あなたが持って生まれた星を最大限に表現することをサポートします。

広島県内をはじめ、東京・名古屋・大阪・北海道・仙台・福岡・沖縄・イギリス・アメリカ・マレーシアからも、ご依頼いただいています。