母ロスっていう言葉を初めて知って、星の遺言を届けたいって思った。

母が亡くなって、「母ロス」っていう言葉を初めて知った。

ペットロスは知ってたんだけどね。

いつかは死別すると思ってても、いざ母を失うと、ショックで立ち直れなくなることを「母ロス」っていうらしい。

うつになったり、仕事に行けなくなったりすることもあるらしい。

よく、臨床で患者さんの家族を見てても、「高齢の親が亡くなるのは当然です。」って感じで、思いっきり悲しまなかった人の方が、引きずることが多いって思ってた。

どんなに高齢でも、どんなに病状が悪かったとしても、亡くなったことを、悲しむ時間が必要だ。

親の死に直面するのは、子どもが50代・60代になってからが多い。

親子の絆は、他のどんな関係よりも長く強い結びつきだ。

そして、父親よりも母親を亡くした時のショックが大きく「母ロス」という言葉が生まれたらしい。

母親との関係は、個人コンサルの中でも、まず確認することだし、振り返る。

人格形成や、信じ込み、セルフイメージなどに、大きな影響を及ぼすのは、母親の存在が強いからだ。

母と子の絆は、妊娠した時から、ずっと続いている。

母親のつながりは、単にDNAを半分受け継いでることにとどまらず、妊娠中の母親の体内での影響、成長する過程で受ける、さまざまな影響は、人生に大きな影響を与える。

そのため、大人になっても、母親の影響が、強く残っていることがある。

親との死別は、過去を亡くすっていう文章を見たことがある。

過去はなくならないけど、人生の大切な、子供時代の思い出を、分かち合える存在を失うことになる。

母親の死は、人生のなかでも非常に大きな喪失だ。

でも、葬式が終わり、しばらくすれば、周囲はもとの生活に戻っていく。

大人になってから、高齢の母親を亡くしたとなれば、いつまでも悲しんでいることは許されない雰囲気がある。

しかし、死別の苦しみは、人間関係や結びつきの強さで、さまざまだ。

他人がわかるものじゃない。

それでも、悲しんでばかりはいられない。

そんな時、「お母さんも、何てばかりいることを、望んでないよ。」なんて言葉は、陳腐だとさえ思える。

前を向いてと言われても、その方法がわからない人も、いるんじゃないか。

そんな時、母親が、このタイミングで亡くなった意味とメッセージを受け取ることができたら、ゆっくりとでも、前をむけるはずだ。

それは、母親との死別の痛みから、回復するだけにとどまらず、それ以前には、気づかなかった想いに気づき、本当の自分の人生を、歩むきっかけにすらなるのだ。

意味も分からず、悲しみから立ち上がろうとすれば、時間がかかる。

母を亡くした後は、もう以前の自分には、戻れないような気持ちに、なるかもしれない。

それは、ポジティブな意味で、その通りだ。

回復して元に戻ることを目指すのではなく、新しい人生の目的を見出していく。

母親という存在を失ったのだ。

元に戻るなんて、あり得ないだろう。

尊敬できる母、親友のような母、または、愛情表現が下手だった母、支配的だった母、いろいろだろう。

それでも、自分をこの世に生み出してくれた、たっひとりの母だ。

そして、スピリティアルに言えば、あなたの魂の目的を生きるために、最もふさわしい母を選んだのだ。

母の死は、魂の目的の視点で見れば、成長のための、大きなメッセージでもあるのだ。

 

星の遺言~亡くなった人からのメッセージ






Healing Space Cynthia シンシア
シンシアは、星の才能を表現するための、大人の占星術のサロンです。
ホロスコープに描かれているのは、魂の目的です。
占星術は、あなたが持って生まれた星を最大限に表現することをサポートします。

・お問い合わせはこちら(24時間受付)

 インスタフォローしてね
 アメブロ更新中
 お問い合わせはLINEから 「@mibuki」で検索!