キロンを献身的に支えた妻チャリクロ

星の表現者・未生希えみ(みぶきえみ)がおくるIn the Pinkの世界。

➡プロフィールはこちらから
➡In the Pinkの世界はこちらから

キロンは、癒しの星とか魂の傷とか言われ、小惑星の中ではメジャー。

傷ついたキロンを献身的に支える妻もまた、癒しと関係がある星だ。

その星は、チャリクロ。


*これは単なる人魚です。チャリクロは人魚のような姿といわれています。

1997年に発見され、キロンと同じように、土星と天王星の間に軌道を持つ。

キロンが土星寄りなのに対して、チャリクロは、天王星寄りで、ケンタウロス族の中でも最大の氷の小惑星。

チャリクロの公転周期は、約62年だから、キロンより少し後に、リターンがやって来る。

キロンを献身的に支えるチャリクロ。

トラウマや苦手意識を示し、そしてそれを癒しに変えるキロン。

どんな環境の中で傷を持ったのか。

それを、どのように抑圧して、心身の不調や、環境への影響として、体験してきたのか。

それを癒すのは、結局自分でしかないと体感し、どんな自分も受け入れていくこと。

それを、支えていくのがチャリクロだ。

チャリクロは、恵の循環という意味もある。

どんな傷も影も、循環させていくことで、光にしていくのだと思ったら、素晴らしいことだと思う。

チャリクロの大きなテーマは、二元性を超え、統合するための知恵。

私たちは、これはいいもの、これは悪いものと分ける傾向がある。

その境界線は、育ってきた中で作られるものもあるし、普遍的なものもある。

例えば、病気を悪いものとしてとらえるのか、人生の恩恵として捉えるのか。

その視点を変えてくれることでもある。

チャリクロは、人魚のような姿をしていて、助産師でもあり、誕生や変容をサポートするともいわれる。

現実を変えるのは、環境ではなく私たちの意識。

思考や感情が変われば、同じ現実に対する意味が変わり、結果的に本当に物理的な変化が起こる。

キロンリターンで、魂の傷にきちんと向き合った後、チャリクロのリターンで、その変化の意味が分かるのだろう。

チャリクロは、二元性の統合以外にも、愛や慈悲のテーマ、受容のテーマを持つ。

今まで自分が、愛だと思っていたものの定義や概念が、変わるような経験をするかもしれないし、本当の意味で自分を受け入れるということをが、腑に落ちるのかもしれない。

 

チャリクロは、このサイトで出すことができます。

小惑星番号:10199

 




Healing Space Cynthia シンシア

ホロスコープに描かれているのは、魂の目的です。
占星術は、あなたが持って生まれた星を最大限に表現することをサポートします。

広島県内をはじめ、東京・名古屋・大阪・北海道・仙台・福岡・沖縄・イギリス・アメリカ・マレーシアからも、ご依頼いただいています。