天職は、子供のころになりたかったものにヒントがある

\月の記憶の声を聴く心理占星家/

月の記憶の声を聴くと
本当の自分に出逢える!

「あなたの人生最悪!」という占い師一言から始まった占星術の探求
 ➡鑑定人数10000人越えの占星家へ

➡みぶき えみの世界観はこちらから
➡X(Twitter)はこちらから

● 天職は、子供のころになりたかったものにヒントがある

こんにちは。星の表現者・蛭田えみです。

子供の頃って、できるかどうかとか考えずに、夢を持っていたはず。

なりたいって思うものが、あったんじゃないかな。

子供の頃になりたかったもの、憧れたものって、魂の声直結っていうことがある。

子供のころになりたかったものは、あなたの天職を伝えてくれる。

だけど、大人になって思い出した時、こう思てしまうことも。

「できるわけないじゃん!」

先日のお客さまもそう。

子供の頃を夢を聞くと、笑ってなかなか答えてくれない。

そして、出てきた答えが、「お姫さま」

ちなみに、私の中でお姫さまというと十二単を着た、日本のお姫様をイメージするけど、彼女のイメージは、シンデレラとか白雪姫。

お姫さまと天職って、結びつかない感じがするよね。

お姫さまっていう言葉に引きずられると、コスプレ?って思ってしまう。

大切なのは、本当に、お姫さまになることじゃなくて、何で、お姫様になりたいって思ったかだ。

そこを読み解いていくことで、どんな職業にやりがいが持てるのかを、知ることができる。

彼女のホロスコープは、天職を表すポイントが天秤座。

そして、天秤座に5つの星が集まってる。

占星術で扱う星って、基本は10つだから、半分が天秤座にある。

そして、天秤座の支配星(天秤座を守っている星)である、金星は、とても強く働く配置。

彼女は、アクセサリーを作るのが好きで、友達にあげて喜ばれているとか。

趣味として、

その美的センスを生かして、女性の中にあるお姫さまを目覚めさせてほしいって思います。

方法は、沢山あるはず。

今までの経験が、新しい選択を支えてくる。

あなたが、子どものころになりたかったものは、何ですか?

あなたの星の世界をのぞいてみましょう❣