収入に見合った格好をしないから、売り上げが伸びない。

\月の記憶の声を聴く人/

月の記憶の声を聴くと
本当の自分に出逢える!

あなたの人生最悪!」という占い師一言から始まった占星術の探求➡鑑定人数10000人越えの占星家へ

➡最新情報はアメブロから
➡みぶき えみの世界観はこちらから

● 収入に見合った格好をしないから、売り上げが伸びない。

こんにちは。蛭田えみ(Emmy)です。

1年くらい前、年商の伸び率が、落ちてきたころのこと。

何か変えなきゃいけないのかなって、一応悩むわけだ。

そして、いろんな人の意見を聞く。

その中で、印象的だったのが、この言葉。

「もっと、収入に見合った格好をした方がいい。」

上質なスーツとか、ヒールの靴とか、ブランドのレザーのバッグとか。

なので、一応はイメージしてみたわけ。

だけど、すっごく心地悪い。

無理してる感満載。

見た目なんてまったく関係ないとは思わないけど、無理してるって、やっぱり気持ちが豊かにならない。

そもそも、他県に行ったら、リサーチとかせず、歩き回るのが好き。

地元の電車やバスに乗るのが好き。

思い立ったらホロスコープ作りたいから、パソコン持ってることが多いし。

上質なスーツとか、ヒールの靴とか、ブランドのレザーのバッグとか、こういう行動する人には、向かないのだ。

この夏は、この写真のワンピースと、もう2パターン、3パターンの服の着回し。

そして、パソコン持って歩きまわる人には、リュックとスニーカーだ。

「だから、入るはずの収入が入らない。」と言われればそうなのかもしれないけど、自分がいいって思う方を、選びたい。

周囲からどう見られてるのかっていうことは、お店の看板と一緒。

だからある意味、大切だ。

もちろん、自分が作ったイメージに合わせて行動していくっていう、強い信念があるなら、作られたイメージもありなのかも。

でも、それじゃ苦しくなるし、何より、見てる人ってそんなことに騙される?

自分の質を思いっきり表現すること、自分がやりたいことに見合った、ライフスタイルを大切にすること。

そうすれば、自然にどんな服を着るのかって決まってくるし、それがその人らしいイメージとして、周囲の人に見られるんだと思う。

もちろん、パーティーの時は、ヒールも履くし、パーティーバッグも持つけど。

 

占星術的に見たイメージは?

占星術的には、自己表現を表すのは、アセンダント。

だから、人に与える印象は、アセンダントやその支配星のイメージだ。

アセンダントが魚座で、甘い印象がある人は、優しい雰囲気がフィットする。

お部屋とか見ても、可愛い印象なことが多いかな。

この人が、かっこいい路線を目指すと、ちょっと残念だったり。

アセンダントが双子座で、中性的でボーイッシュな印象がある人は、ショートカットやパンツがよく似合う。

目に見えるものだけじゃなくて、オーラ―の雰囲気とかも含めての印象。

もちろん、他の星がどう影響してるのかによっても違うけどね。

・・・って、お前がファッション語るなって言われそうだけど(笑)

 

ふんわり風船星 25,000人が読んだ・星のメルマガ

鑑定人数10,000人越えの
「月の記憶」の声を聴く心理占星家
みぶき えみがお届けする星の言葉たち

ー人生が変わる星の世界24ステップー
50代の選択が、未来を分ける!

◉24通の無料メール講座に登録

image

月の記憶の声を聴くことは、本当の自分に戻ること。
自分を生きると、仕事、健康、お金、人生が変わる!