押し付けられるアイデンティティをハウスから考えてみる

星の表現者・未生希えみ(みぶきえみ)がおくるIn the Pinkの世界。

➡プロフィールはこちらから
➡In the Pinkの世界はこちらから

● 押し付けられるアイデンティティをハウスから考えてみる

占星術のハウス。

才能を発揮し、行動するステージ。

時々、自分になっていくプロセスって、4ハウスから1ハウスに向かってるんじゃないかと思う。

ひとつの魂として生まれるけど、肉体を持った赤ちゃんは、ひとりでは、生きられない。

家族という色の中で育つ。

そして、家族の中の考え方を、無条件に吸収する。

いいか悪いかとか、疑問にも思わずに。

家庭でのローカルルール、両親、特に母親からのフィードバックによって、価値づけられていく。

例えば、どんなに素晴らしい、音楽の才能があっても、そこに気づけない家庭もあるだろう。

気づいたとしても、価値を認められないこともあるだろう。

とても狭い中で、ルールや価値づけが、行われる。

そして「私」という、アイデンティティが、できあがるのだ。

本当の私を生きる、予告編というか…

そして、その記憶は、月の中に積み重なっていく。

家庭の中のルールや考え方は、親が培って来たもの、そのまた親から引き継いで。

だから、月の記憶を、読み解くことは、無意識に受け入れていた、それらを手放すこと。

そして、本当の自分としての、再スタートでもある。

再スタートして自分は、誰かの賞賛や評価ではなく、自分で自分を価値づける。

そして、どのような考え方をもって、生きていくのかを創っていく。

その結果、本当の自分を生きる、基盤を創っていくのだ。

いったん反対周りで育てられたアイデンティティを、構築し直すのは、簡単ではないかもしれない。

今までの自分を壊すことにもなるからだ。

けど、本当の自分として生きることを選択する気持ちがあれば、必ずそれはできる。

私たち世代は、人生の後半だ。

だけど、いくつからでも、変化することはできるし、それを楽しむこともできるはずだ。

 



Healing Space Cynthia シンシア

ホロスコープに描かれているのは、人生の使命と才能です。
占星術は、あなたが持って生まれた星を最大限に表現することをサポートします。

広島県内をはじめ、東京・名古屋・大阪・北海道・仙台・福岡・沖縄・イギリス・アメリカ・マレーシアからも、ご依頼いただいています。