傷を自覚しているから、優れた癒し手になれる~キロンが語ること

\月の記憶の声を聴く心理占星家/

月の記憶の声を聴くと
本当の自分に出逢える!

「あなたの人生最悪!」という占い師一言から始まった占星術の探求
 ➡鑑定人数10000人越えの占星家へ

➡みぶき えみの世界観はこちらから
➡X(Twitter)はこちらから

先日、大阪にキロンのセミナーに行ってきた。

天体の意味を理解するには、ちょっとした天文学や神話の知識が、とっても役にたつ。

キロンの軌道は、土星と天王星の間。

時に土星の内側を通る。

目に見えるものと、見えないものをつなぐ世界観。

セミナーの中で、印象に残ったことは、アーキタイプは、少なくともペアで存在するという考え方。

癒し手が存在するためには、傷を負ったものが必要。

でも、本当はそのどちらも、自分の中にある。

だからキロンは、傷を負ったヒーラーだ。

それゆえ、キロンの傷は、癒えることがない。

癒えない傷があるからこそ、優れた癒し手であるという事。

特に優れたヒーラーであろうとする時、自分の傷を閉じ込めてしまう。

そして、他者にその傷を投影し、傷ついた人を作っていくのだ。

自分の中にも傷があると自覚すれば、傷ついている目の前の人の中の、優れたヒーラーを見出すことができる。

ペアで存在するアーキタイプは、自分の中にどちらもあるんだよね。

セミナーの中で、キロンの周期を追っていくと、とっても不思議な出来事の一致にびっくりする。

だから、私はこの人生を選んだのかって。

あなたのホロスコープのキロンも、きっと多くのことを語りかけてくれる。

 

あなたの星の世界をのぞいてみましょう❣