50代でやっと気づいた!根底にあったのは、母親から捨てられた記憶

\月の記憶の声を聴く心理占星家/

月の記憶の声を聴くと
本当の自分に出逢える!

「あなたの人生最悪!」という占い師一言から始まった占星術の探求
 ➡鑑定人数10000人越えの占星家へ

➡みぶき えみの世界観はこちらから
➡X(Twitter)はこちらから

幼少期の経験は、やっぱり重要だ。

いつも、パートナーと同じような感じで、別れてしまうというお客さま。

根底にあったのは、母親から捨てられた記憶。

母親が再婚し、自分は祖母に預けられたけど、不自由な生活をしたわけじゃない。

思春期には、母親と遊びに行ったりしてたそう。

だけど、捨てられたという記憶が、母親に正直にぶつかることをさせなかった。

いい子じゃないといけないと思って、母親を肯定したし、仲良く振る舞った。

だけど、それは、ポジティブぶってただけだった。

占星術では、母親を表すのは月だ。

実際に、彼女が母親と別れたのは、水星期だけど、月の時期の母親との関係も、希薄だったようだ。

月(0歳~7歳)
水星(7歳~15歳)

ホロスコープで見ると、彼女の月は海王星ともノード軸とも、強く関連してる。

不安定な母親からの、大きな影響力。

最も必要な時期に、母親からの愛情を、充分に受けられなかったという思い。

母親からすれば、その時の精一杯で、娘を愛したのかもしれない。

だけど、受け取っていないという感覚と欠乏感は、ごまかしちゃいけないのだ。

その感情を、きちんをケアする必要があるのだ。

気づいた今から、きっと変わっていける。

母親も事情があったんだろうとか、考えなくていい。

「私より男を選んだ母親」を擁護しなくていい。

思いっきり、感情をぶつけてもいいのだ。

自分の人生を歩むために。

あなたの星の世界をのぞいてみましょう❣