牡羊座の新月~自分の本質を見つめ直す

星の表現者・未生希えみ(みぶきえみ)がおくるIn the Pinkの世界。

➡プロフィールはこちらから
➡In the Pinkの世界はこちらから

4月1日は、牡羊座の新月。

新月は、牡羊座11度、8ハウスで起こる。

この新月のテーマはこれ。

「自分の本質を見つめ直す。」

 

新月・満月のパワーを使って願いを 叶え、自分を好きになる !

この新月は、自然の法則を活かすことや、自分の本能を信じることがテーマだ。

私たちは、幼少期からいろんな価値観に触れ、時には、そこに沈まされるようなこともあったかもしれない。

だけど、私たちひとりひとりには、自分を信じる力や、ホメオスタシスの働きに感謝する力がある。

それが、生きる力を与え、未来を切り開いていくのだ。

自然界のものは、生き残るための強い生命力を持っていて、何が起こっても、成長していこうとする。

それと同じように私たちの心身にも、自然治癒力や、身体の健康を保つ力があるのだ。

新月の太陽と月は、チャートルーラーを伴って、8ハウスにある。

そして、それ以外の天体とは、メジャーなアスペクトをとっていない。

社会との接触を断った中で、自分の内側に向かい、生きる力を抱きしめていく。

いつもいつも、過去や未来の雑音に悩まされるんじゃなくて、過去の恩恵に感謝したり、未来の夢に心を弾ませたりして、時間を流していきたい。

8ハウスは、遺伝的なことも表す。

受け継がれてきた考え方や知恵は、本当に真実だろうか?

ある時までは真実だったとしても、今は必要がないかもしれない。

それらを、感謝と共に手放していくこと。

8ハウスの死と再生のテーマだ。

それに加え、新月の太陽と月には、キロンが寄り添っている。

私たちは、過去に抱えている傷がある。

そして、それを癒せば、すべてが解決するような幻想を抱く。

だけど、本当に傷は消えてなくなることで、影響力がなくなるのだろうか?

過去の出来事は変わらないけど、そこにフォーカスし、何度も反芻することで、過去の傷にパワーを与えているのは、私たち自身だ。

傷は変わらずそこにある、だけど、それに振り回されなければ、何の問題もないのだ。

そのためには、未来を見つめる。

未来をイメージし、そこにエネルギーを注ぐことは、生きる希望となる。

私という主語に付いた、いろんな修飾語、長女だとか、母だとか、虐待されて育ったとか、そんなものを取り払ったら、何が残るんだろう?

もしかしたら、そこに何も残らないという恐れがあるから、私たちは、たとえネガティブなものでさえ、その鎧を手放せないのかもしれない。

それはそれで、そんな自分もOKだ。

すべてがOKになる時、自分ん本質にたどり着くのかもしれない。

 

 




Healing Space Cynthia シンシア

ホロスコープに描かれているのは、魂の目的です。
占星術は、あなたが持って生まれた星を最大限に表現することをサポートします。

広島県内をはじめ、東京・名古屋・大阪・北海道・仙台・福岡・沖縄・イギリス・アメリカ・マレーシアからも、ご依頼いただいています。

次の記事

意志の力