余白

 

朝陽を浴びながら、筆を置く。

何もない空間が敷き詰められ、心が宙に舞う。

新しい扉は、いつだって余白の先にある。