故郷に続く坂道

同僚の結婚式に出席した夜、私は絶望感に苛まれていた。 ⁡ 彼の隣に並ぶのは、私のはずだった。 ⁡

少なくとも去年の夏までは。 ⁡ 久しぶりに実家に泊まり、手持ち無沙汰な私は、子供の頃のアルバムを開いてみた。 ⁡

3歳ぐらいまで、住んでいたアパートの前で、はじけるような笑顔で、写っている私。 ⁡

そんな写真を見ていると、ふと、子供の頃に住んでいた場所に、行ってみたくなった。 ⁡

特別、何かがある場所でもなく、そこに足を運ぶことは、ほとんどなかった。 ⁡

子供のころを懐かしいと、思う気持ちも、忙しさの中に、紛れていたのかもしれない。 ⁡

短い距離を乗りついで45分、電車に揺られて、たどり着いたその場所は、懐かしいというより、見たことがない新しい街のようだった。

子供の頃にはなかった、高層マンションやショッピングモール、おしゃれなカフェが立ち並んでいて、場所を間違えたのかと、 思わずにはいられない景色だった。 ⁡

私が住んでいたアパートは、外観は美しく変わっていたものの、そのままの形で残っていた。 ⁡

1階にあった小さな商店は、薬局へと形を変えていた。 ⁡

この角はタバコ屋さんだったなとか、ここはお肉屋さんだったなとか、思いを巡らしながら、近所をぶらぶらしていると、アパートの横の小さな路地から続く、緩やかな坂道に抜けていった。 ⁡

坂道をゆっくり歩き始めると、まるで映画のように、当時の様子がよみがえってきた。 ⁡

この先にあるのは、遊具ひとつなく、小さなベンチがあるだけの公園だ。 ⁡

長く急な坂道を、長い時間をかけて歩いて、やっとたどり着き、公園で走り回ったり、近くの土手で遊んだりしていた。 ⁡

懐かしくなって、公園目指して歩き始めたとき、久しぶりに感じる高揚感に包まれていた。 ⁡

だけど、あの頃感じた、急な坂道は姿を消し、長かったはずの道のりも消え、ほんの3分程度で着いてしまった。 ⁡

まるで冒険のように思えていた、公園への坂道は、こんなにも緩やかで、とても短い距離だったのだ。 ⁡

公園につくと、そこには色とりどりの遊具が並び、座り心地のよさそうなベンチや、自動販売機まで設置されていて、全く違う公園のように感じられた。 ⁡

でも、東側に高くそびえる木々は、昔のままのようでもあった。 ⁡

しばらく、ベンチに座って、ブラックコーヒーを飲みながら、風に吹かれていた。 ⁡

幼いころの私は、確かにこの場所で笑っていた。 ⁡

きっと、今この瞬間を、身体中で感じていたんだろう。 ⁡

過去にわずらわされることも、未来に不安になることもなく。 ⁡

ただ、今を生きていた。 ⁡

それだけで、幸せを感じられていた。 ⁡

生まれ育ったふるさとは、時とともにその形を変えてしまう。 ⁡

もしかしたら、面影さえ、残っていない場所もあるだろう。 ⁡

それでも、その場所に立つと、昔の記憶が思い出され、温かい気持ちになり、ちょっぴりセンチメンタルな 気分にもなる。 ⁡

普段は思い出すことがない、幼い日の温かい思い出。 ⁡

古びたセピア色の記憶が、色を取り戻していく。 ⁡

その思いは、つかの間の夢のようでもあり、今を生きていることにつながる、拠り所でもある。 ⁡

故郷へ足を運ぶということは、自分の記憶の中の、懐かしさが詰まった場所へ、心を運び、生きる意味を再確認することなのかもしれない。 ⁡ ⁡ ⁡