キメラという、ひとりの中にある、ふたつのDNA

命の表現者・未生希えみ(みぶきえみ)がおくるIn the Pinkの世界。

➡プロフィールはこちらから
➡In the Pinkの世界はこちらから

僕が「キメラ」というものを知ったのは、就職してからだ。

もしかしたら、両親のどちらかがキメラだとしたら・・・

そんな淡い期待を抱くことができたからだ。

キメラというのは、ギリシャ神話に登場する、ライオンの頭と山羊の胴体、蛇(または竜)の尻尾を持つ怪物に由来している。

僕は、O型だといわれて育ってきた。

アルバムにもO型と書いてあるし、何より母に「両親ともにO型なんだから、あんたも妹もO型」といわれていた。

それなりに血液型占いでも、当たってるような気がしていた。

妹は、小さい頃にけがをして入院したことがあって、O型だとわかっていた。

そして、母も僕が小学生の時に、手術をすることになって、O型なのは確実だった。

だから、僕もO型だと信じて疑わなかった。

そんなある日、衝撃的なことが告げられた。

献血に行った先で、A型だといわれたのだ。

僕は献血車の看護師さんに、「両親もO型なので、O型のはずですが。」と言ってみた。

すると看護師さんは「きっとご両親の記憶違いね。結構よくあるのよ。」と笑っていた。

その後、たまたま生物の授業で、血液型の遺伝についての授業があった。

O型の母から、A型の僕が生まれるためには、父親がA型かAB型名はずだ。

僕は、きっと父の血液型が、O型ではないのだろうと、軽く考えていた。

それから1年後、入院した父のお見舞いに行った先で見たのは、O型の輸血をしている父の姿だった。

僕の頭は真っ白になった。

僕は、両親の子供じゃない?

そんな思いが、頭の中をぐるぐると回り始めた。

母が浮気をしたのか?

それとも、父もこのことを知っているのか?

もしかしたら、赤ちゃんの時に取り違えられたのではないか?

自分という存在が、揺るがされるような大きな衝撃を受けた。

けれど、当時の僕は、そのことを母に確かめることができなかった。

現実から逃げたかったのかもしれないし、聞いてはいけないような雰囲気もあった。

見てはいけない事実として、心の奥に押し込めたその出来事は、次第に僕の中で、なかったことになっていた。

それから数十年、自分が手術をすることになって、血液型のことを、思い出さざるを得なかった。

僕がA型であるという事実は、変わらなかった。

僕は、両親に、それなりに愛されて育った。

なのに、こんなにも自分の存在が不確かになるのは、どうしてなんだろう。

自分は、代々受け継がれた中で育ってきたと思っていた。

ごく一般的な家庭だったけど、疑ったことなんてなかった。

自分のルーツがわからない。

それが、こんなにも不安な気持ちにさせるなんて、予想もしなかった。

両親であっても、別人格だし、僕は僕で人生を歩んでいく。

ずっとそう思ってきた。

けどそれは、自分のルーツが確実だからこそ、持てる感覚だったのか?

そんな時に出逢ったのが、キメラという考え方だった。

もし、両親のどちらかがキメラであれば、僕が両親の子供でありながら、A型である可能性があるのだ。

それは、とてもとても、可能性が低いものだけど、僕の気持ちを静める材料になった。

そういえば、昔、ご対面番組があった。

立派に成人して、社会的にも成功しているような人が、本当の母親を求めている姿が、思い出された。

人は、どうして自分のルーツを知りたがるのだろう。

そして、そのルーツがあいまいな時に、存在そのものの不安感を感じるのは、どうしてなんだろう。

今の僕にはわからない。

だけど、僕にはひとつだけわかることがある。

確実な事実よりも、目に見えない愛や信頼という感覚が、大きな拠り所になるということ。

それは、誰かに対してのものじゃなくて、自分に対する愛と信頼だ。

どこから来たのかなんてわからない、どこに行くのかもわからない。

だけど、今ここに生きているということだけは、確実なものだ。

今夜はクリスマスイブ、ケーキを買って、妻と娘が待つ家路へと急いだ。

 

 

 

応援お願いします。
PVアクセスランキング にほんブログ村





スケージュールはこちらから確認!


Healing Space Cynthia シンシア

ホロスコープに描かれているのは、人生の使命と才能です。
占星術は、あなたが持って生まれた星を最大限に表現することをサポートします。

広島県内をはじめ、東京・名古屋・大阪・北海道・仙台・福岡・沖縄・イギリス・アメリカ・マレーシアからも、ご依頼いただいています。