死神の脳内道路工事~生き残りたい、死にたくないという高速道路

バタバタと人が死んでいく。

世の中、どうなってしまったのだろう。

僕は、死にたくない、何とか生き残りたいんだ!

毎日そんなことばかり考えていると、ある日突然、死神が現れた。

「呼んだ?」

死神は不敵な笑みを浮かべた。

「いやいや、お前なんて呼んでないから。」

すると死神は、さらにこう続けた。

「だって、死にたくないって毎日言ってるだろ。」

僕は答えた。

「だから、死神なんて必要ないんだよ。あっち行けよ。」

僕は、死にたくないって言ってたんだ。

だから、死なないように、どうしたら死を避けられるのかを毎日考えて過ごしてる。

なのに、なんで死神なんかがやってくるんだ。

「毎日死のこと考えてるだろ?だからだよ。勘弁してほしいよ。本当に寿命の人も連れて行かなきゃいけないのに、死を考え続ける人の道路工事まで任されて。働き方改革してほしいよ・・・」

と、死神はため息をつきながら呟いた。

「道路工事ってなんだよ?」

僕は死神に聞き返した。

簡単にまとめると、こんな感じだ。

死神は、死に関することをすべて担当している。

寿命が来た人を、連れていくほかに、いつも死のことを考えている人の、脳内の回路(思考回路)の、死にかかわるものを、拡げているんだそう。

そうすると、何を見ても、どんな出来事に遭遇しても、死と直結して考えてしまうようになるらしい。

死にたいと思っても、死にたくないと思っても、死に関することは、すべてその回路を拡げる道具らしい。

「じゃ、その回路を狭くするには、どうすればいいんだ?」

僕がそう尋ねると、死神は言った。

「いつ死ぬかわからないから、未知の死が怖いんだろ?試しに、1週間後に死ぬ前提で生活してみたらどうだ。お試しってことで。」

何だかおかしなお試しだけど、僕はその提案に乗ってみることにした。

そして、気づいたらベッドの上にいた。

「なんだ、夢か・・・」

そう思いながら体を起こした僕は、カレンダーを見て目を疑った。

日付が、1週間先までしかないのだ。

慌ててスマホのカレンダーを見てみる。

そこにも、日付は1週間先までしかなかった。

「本当に僕は、1週間で死んでしまうのか?」

そう思うと、急に怖くなった。

そして、今まで漠然と考えていた、死にたくないという思いとは、全く違う感情がやて来た。

僕には、まだやりたいことがある。

おもむろにノートを取り出し、この1週間でやりたいことを書きだし、実行に移した。

その気になれば簡単だったのに、やらずにいたこともあったし、行動を起こすには、勇気がいるものもあった。

だけど、1週間しかないのだ、迷ってる暇はない。

そうして、やりたいことにすべての時間を使っているうちに、約束の1週間がやってきた。

今夜で終わりなのかと思うと、眠る気にもならず、怖いというより、開き直ったような清々しい気分だった。

ちょうど0時になった時、死神が現れた。

いよいよ連れていかれるのかと覚悟を決めたとき、死神は微笑んだ・・・ように見えた。

「この1週間、どうだったか?」

僕は、この1週間を、どう過ごしてきたのか、どんな体験をして、どんなふうに感じたのかを、死神に話して聞かせた。

死神は、満足げな顔をしてこう言った。

「お試しは成功だな。」

どういう意味だ?と考えていると、死神は再び話し始めた。

「このお試し期間、死にたくないって漠然と考えるより、何かにチャレンジしただろ?人間は、自分の寿命は決めてるけど見えないようになってる。だから、いくら考えてもわからないことに悩むなんて無駄なんだ。頭の中の死の高速道路が広くなって、おびえるだけだからな。」

僕はうなずきながら聞いた。

「死にたくないなんて考えなくても、やりたいことのことを考えてると、自然に死の道路は閉鎖されていく。そして、希望という道路が少しづつ、拡がっていくんだ。」

死神はさらに続けた。

「出来事を希望の道路で解釈しても、死の道路で解釈しても、同じ時間なら、人生をどっちで生きたい?」

僕は、この1週間で希望の道路ができているのかもしれない・・・と思い始めていると、目の前から死神が消えていった。

気づくと再びベッドの上だ。

カレンダーは、12月までちゃんとある。

毎朝起きたら「今日は体調はどうだろうか?」「今日も安全に生きなくちゃ」と思っていた僕は、「今日はどんなことに挑戦しよう。」と思えるようになっていた。

あれから1年。

僕はたくさんの新しい挑戦をした。

体調が悪かったり、悲惨なニュースを聞くと、落ち込んだり、相変わらず死が頭をよぎることがある。

だけど、そこに引きずられなくなった。

死は、避けたり恐れたりするものじゃなくて、必ず誰にでもやって来ると受け入れるもの。

そして、その期限がわからないからこそ、今日を大切に生きること。

そんな風に思えるようになっていた。

もしかしたら、これが、死の高速道路が通行止めになって、希望の道路が、着々と建設されているってことなのかもしれないなと思いながら、美しい夕陽を眺めていた。