54字の物語
余白

  朝陽を浴びながら、筆を置く。 何もない空間が敷き詰められ、心が宙に舞う。 新しい扉は、いつだって余白の先にある。     未生希Mibuki World へようこそ! 私たちが持ってる、 […]

続きを読む