Stories〜物語
故郷に続く坂道

同僚の結婚式に出席した夜、私は絶望感に苛まれていた。 ⁡ 彼の隣に並ぶのは、私のはずだった。 ⁡ 少なくとも去年の夏までは。 ⁡ 久しぶりに実家に泊まり、手持ち無沙汰な私は、子供の頃のアルバムを開いてみた。 ⁡ 3歳ぐら […]

続きを読む