ショートストーリー
幼馴染み

高校の同窓会の会報で、あなたの訃報を知った。 卒業後は交流も途絶え、近況も全く知らないほど、疎遠になっていたけど、私の心には衝撃が走った。 あなたは、4歳の時に県外から引っ越してきた私の、初めての友達だった。 近所に同じ […]

続きを読む
Arts〜クリエイティブアート
描くことは、自分をわかってあげること

  想いのままに描くことは、自分をわかってあげることだ。 今まで、置き去りにしてきた自分。 常識を優先してきた自分。 社会からの評価を気にしてきた自分。 すべて取っ払って、自分の想いに触れる。 わかった・・・と […]

続きを読む
Arts〜クリエイティブアート
色のある世界へ

生きている私たちは、豊かな感情を持っている。 ⁡ ⁡ それは、色のない世界から、色のある世界へ、やってきた大きな喜びの体験だ。 ⁡ ⁡ だけど、感情は、喜びや楽しさだけじゃなく、苦しみや悲しみも連れてくる。 ⁡ ⁡ それ […]

続きを読む
Arts〜クリエイティブアート
今の私も悪くない

いろんなタイプの友達がいて、いろんなことを語り合う。 いろんな言葉で癒される。 「わかるよ。」というたった一言で、心がほぐれる。 「ボロボロも羨ましい。良くなるしかないもんね。」といわれて、笑うしかなくなる。 「いつか、 […]

続きを読む
Arts〜クリエイティブアート
希望の光

苦しくて、辛くて自分の中が空洞になる。 何も感じず何も聞こえず色のない世界。 それでも時間が止まった世界に立ち尽くし、時間の波に乗るもうひとりの自分を創り出す。 大きく過剰になっていく自分と、色も音も感覚さえも失っていく […]

続きを読む