54字の物語
月のありか

  喪失の体験は、心に沈んだ過去の喪失体験を浮かび上がらせる。 月が水面を照らし、まるでそこに月があるかのように。 未生希Mibuki World へようこそ! 私たちが持ってる、たくさんのキラキラした星の才能 […]

続きを読む
54字の物語
海の底の宝物

  海辺を歩きながら見た朝陽。 砂浜に寝転がって見た夜空。 両手からこぼれ落ちた、夏の思い出は、海の底に沈んだ宝物。     未生希Mibuki World へようこそ! 私たちが持ってる、 […]

続きを読む
54字の物語
見つからない答え

  どこを探しても、欲しい答えは見つからなかった。 本やネットの言葉は微笑みかけ、人の言葉は優しく耳を撫でるけど。       未生希Mibuki World へようこそ! 私たち […]

続きを読む
Stories〜物語
ほしい答えは見つからない

  どこを探しても、ほしい答えは見つからなかった。 本やネットの言葉は微笑みかけ、人の言葉は優しく耳を撫でるけど。     未生希Mibuki World へようこそ! 私たちが持ってる、た […]

続きを読む
54字の物語
思い出が植えた夢

  海辺に大きな砂山を作り、シャボン玉を飛ばし、花火を楽しんだ。 一瞬でなくなってしまう思い出は、心に夢を植えた。   未生希Mibuki World へようこそ! 私たちが持ってる、たくさんのキラキ […]

続きを読む
ショートストーリー
長い滑り台

ゆうくんのお話。 とっても広い公園にある、たくさんの長い長い滑り台。 僕たちのあこがれだ。 ある日、先生が言った。 「ちゃんと順番を決めて、どこの滑り台を滑るか決めようね。」 やっと僕にも順番が回ってきたんだ。 僕は、男 […]

続きを読む
54字の物語
雨粒のレクイエム

  雨が降る日は、枯れたはずの涙が、心の泉からあふれ出す。 雨粒はレクイエムのリズムを刻み、窓ガラスを滑り降りる。     未生希Mibuki World へようこそ! 私たちが持ってる、た […]

続きを読む
54字の物語
目覚め

  落雷とともに大地が揺れ、風が暴れ川が氾濫する。 眠っていたものが、ゆっくりと目覚める。 今、世界に光を放つ。     未生希Mibuki World へようこそ! 私たちが持ってる、たく […]

続きを読む
54字の物語
海の息づかい

  海の底に沈む命。 耳を澄ませると、その息遣いが聞こえる。 どんなに深い場所でも、芽吹いた命は、消えることはない。     未生希Mibuki World へようこそ! 私たちが持ってる、 […]

続きを読む
54字の物語
余白

  朝陽を浴びながら、筆を置く。 何もない空間が敷き詰められ、心が宙に舞う。 新しい扉は、いつだって余白の先にある。     未生希Mibuki World へようこそ! 私たちが持ってる、 […]

続きを読む