獅子座の満月~創造と現実、違う世界を垣間見る

命の表現者・未生希えみ(みぶきえみ)がおくるIn the Pinkの世界。

➡プロフィールはこちらから
➡In the Pinkの世界はこちらから

2月17日、獅子座の満月

満月は、獅子座28度、9ハウスで起こる。

この満月、ノード軸を参加させて、正方形。

不動宮の大きなエネルギーを感じる。

満月の月は、9ハウスでカスプ近くだ。

9ハウスは、射手座のナチュラルハウスだけど、今回の満月図のアセンダントは射手座。

そして、満月の太陽側には、射手座のルーラーの、木星が同じハウスだ。

獅子座の満月だけど、何だか射手座っぽいなって感じたりもする。

どっちにしても、火のサインだけど。

創造性の獅子座は、私を見て見て!っていう感じで、外に向けてエネルギーを発信する。

だけど、獅子座の終わりに近いこの度数では、見て見てっていうより、自然に共感されていくようなイメージだ。

そして、新しい世界へと向かうために、葛藤に出逢う。

創造と現実。

自分が望む未来を創造したいと願い、行動を起こしていくことに、現実という壁が立ちはだかるように感じる。

それは、純粋な子供のころの夢と、生活していくという大人の現実かもしれない。

けど、その価値観は本当に、まったく相容れないものなのだろうか?

だからと言って、今のままの生活でいいんだろうか?

新しい世界に飛び出したものだけが見る、景色を切望しながら、留まるという選択をするのは、何故だろう?

そんな問いかけの時期でもある。

人からの評価や商業価値を考えずに、ただ、やりたいという気持ちだけで、行動していくこと。

それは何の目的?

そこにどんな意味があるの?

そういわれてもわからない。

ただ、やりたいのだから。

魂の底から湧き上がってくる、やりたい気持ちを形にする力が、獅子座の創造力だ。

そして、そこには、魚座の木星の想像力も味方になってくれる。

そして、内的な自分の世界観を、アートとして表現していく度数でもある。

満月の日、新しいアートでも描いてみようかな。

また、この満月図の火星と金星は、正確に重なってる。

2ハウスカスプにあるこの天体は、私たちの自分の価値を、思い出させてくれる。

欲しいもののために、行動する力と、本当に欲しいものを見極める力。

私たちは、社会の常識が刷り込まれていて、何が欲しいのか、どんなことが心地いいのかさえ、刷り込まれている。

いったん、それらの常識を手放して、自分はどうなのかを考えていく。

すると、全く違うものが見えてくるだろう。

チャートルーラーの木星は、太陽/海王星を持つ。

3ハウス内で起こるこの表示は、子供だった頃に、イマジネーション豊かに考えたことが、今の自分の人生観に大きく関わっているかもしれないと思わせる。

子供のころに好きだった、物語は何だっただろう?

その物語の、どこに惹かれたんだろう?

その物語と、私たちが歩んできた人生の物語は、どうリンクしてるんだろう?

考えると、書くことが次々に浮かんできて、収拾がつかなくなりそうだから、とりあえずこの辺りで。

 

 

 

 

応援お願いします。
PVアクセスランキング にほんブログ村





スケージュールはこちらから確認!


Healing Space Cynthia シンシア

ホロスコープに描かれているのは、人生の使命と才能です。
占星術は、あなたが持って生まれた星を最大限に表現することをサポートします。

広島県内をはじめ、東京・名古屋・大阪・北海道・仙台・福岡・沖縄・イギリス・アメリカ・マレーシアからも、ご依頼いただいています。