自然不足を解消して、宇宙のエネルギーと同調する

現代に暮らす私たちは、自然不足だって言われる。

電子機器に囲まれて、忙しく仕事をして、ゆっくり朝陽を眺める暇もない。

そんな生活が、ストレス過多の原因。

それは、私たちが生まれながらに持ってる、バイオフィリア(生命愛や自然欲)が満たされないからだ。

バイオフィリアは、全ての人は自然や生き物との結びつきを求めるということ。

森を歩くだけで癒されたり、雨音や鳥のさえずりを聞くだけで心が落ち着いたりするのは、生まれながらに持っているバイオフィリアが満たされたから。

体調不良の原因は自然不足、つまりバイオフィリアが満たされてない状態だ。

自然に触れるメリットは、本当にたくさんある。

体の炎症が治まる、自律神経のバランスが整う、副交感神経が活性化して睡眠の質が良くなる、集中力が上がる、幸福感が上がる、ストレスが解消される・・・。

自然に触れることは、ストレス解消方法としては、呼吸法、マインドフルネス 運動 睡眠などに引けを取らない。

私も先日、2日間神社巡りをして、山道を歩いたりした。

自然とデジタル機器に触れる時間も少なくなると、すごく気分もよくて、元気になる。

だけど、いつもいつも、そんな生活をするわけにはいかない。

そんなときは、デジタルの自然に触れる、観葉植物を置く、公園に行くという方法を、取り入れてみるのが有効らしい。

そして、自然の中にいる自分を、イメージすることも有効だろう。

バイオフィリアが満たされて、心も体も元気になると、自然のエネルギーと同調しやすくなる。

自然のエネルギーは、宇宙のエネルギーでもあるから、生まれ持った星の力も、最大限に生かされるんじゃないかな。

そして、誰もが持つ創造性を、もっと発揮できるだろう。