● 医療占星術~星と心と体の関係

ホロスコープと健康のかかわりについて、書いていきます。

古代、医師は占星家でもありました。

生まれた時の星の状態は、良くも悪くも、その人の潜在力。

医療占星術は、障害がある器官や臓器に、診断名をつけるわけではない。

身体的病気の、心理的背景を明らかにして、ホロスコープが持つ力を最大限発揮できるように、サポートすることだ。

 

ホロスコープがあらわす健康問題

ホロスコープの、天体、星座、ハウスによって、健康問題を見るのが、医療占星術だ。

ホロスコープ上にある、成長のための緊張を、うまく使えていないときに、本来の力を取り戻すようにと、病気という形でお知らせがやってくる。

将来どんな病気になるかを、知りたいというのは不毛で、今抱えている健康問題が、どのような心理的理由から起きているのかを知り、調整していくことを目的としている。

解剖生理学的に考えると、どちらかちうと星座は解剖学的で、その臓器を表していて、天体は生理学的で、体の働きを表している。

 

天体と星座の質

熱&乾:胆嚢:火のサイン(牡羊座・獅子座・射手座)太陽・火星

熱&湿:肝臓:風のサイン(双子座・天秤座・水瓶座)木星

冷&乾:脾臓:地のサイン(牡牛座・乙女座・山羊座)土星 

冷&湿:肺 :水のサイン(蟹 座・蠍 座・魚 座)月・金星

水星は、中間的

 

天体と体の関係

太 陽:心臓・男性の右目・女性の左目・気力・白血球・大静脈

 月 :胃・子宮・男性の左目・女性の右目・体液・粘液・受胎能力・脳・内分泌

水 星:神経系・感覚器官・呼吸器・管・蠕動運動・咽頭・声帯・舌

金 星:腎臓・ホメオスタシス・内分泌・ホルモン・卵巣・静脈

火 星:熱・血行・血液(主にヘモグロビン)・筋肉・ペニス

木 星:肝臓・脂肪組織・免疫系・動脈血・羊水

土 星:骨・造血・関節・軟骨・腱・歯・胆嚢・硬化(加齢)・関節

天王星:神経伝達・痙攣・体のリズム(脈拍・呼吸・蠕動)

海王星:アレルギー・薬物依存・原因不明・潜行性・松果体

冥王星:再生力・難病・パンデミック・遺伝病・臓器移植・切除

 

健康に重要なのは太陽と月。

太陽は身体の熱を司り、月は身体の流れを司る。

 

星座と体との関係

2区分による対応

 男性星座(陽):神経系

牡羊座(脳)・双子座(神経系)・獅子座(脊髄)

天秤座(交感神経系)・射手座(坐骨神経系)・水瓶座(神経)

女性星座(陰):消化器系

牡牛座(食道)・蟹 座(胃)・乙女座(腸)

蠍 座(結腸)・山羊座(骨)・魚 座(足・リンパ)

 

3区分による対応

活動宮(牡羊座・蟹座・天秤座・山羊座):迅速な反応 迅速な回復

不動宮(牡牛座・獅子座・蠍座・水瓶座):慢性的な健康状態

柔軟宮(双子座・乙女座・射手座・魚座):繊細で壊れやすい 予測不能

 

4区分による対応

火のサイン(牡羊座・獅子座・射手座):熱・エネルギー・化学変化

風のサイン(双子座・天秤座・水瓶座):循環・神経・管

地のサイン(牡牛座・乙女座・山羊座):栄養・食・身体性

水のサイン(蟹 座・蠍 座・魚 座):体液・粘液・保護

 

12星座

牡羊座:頭部・脳・頭蓋骨・顏・上顎・外耳

牡牛座:感覚器官・咽頭・喉頭・声帯・舌・中耳・下顎・甲状腺・頸部

双子座::神経系・肺・肩・手・気管・気管支

蟹 座:体液・粘液・胃・胸郭・乳房・子宮・胸膜・横隔膜・心膜・心嚢

獅子座:心臓・心筋・動脈・冠状動脈・

乙女座:小腸・膵臓・十二指腸

天秤座:腰背部・腎臓・肌

蠍 座:大腸・直腸・肛門・膀胱・卵巣・鼻粘膜・性器

射手座:肝臓・臀部・腸骨・大腿骨・仙骨・太腿

山羊座:関節・膝・頭髪・骨・爪・歯

水瓶座:下肢・ふくらはぎ・くるぶし・静脈・心臓の弁・角膜・網膜

魚 座:脚・足の先・リンパ系・免疫系

 

健康に関連が強いハウス

1ハウス(アセンダント)

アセンダントは、体質を表すため、アセンダントとその支配星の関係は重要。

6ハウス

6ハウスは健康習慣や日常生活を司る。

健康問題は、日々の生活に無理があるということ。

なので、食事や運動、思考パターンなど、どのような健康習慣を持っているのかを見る。

8ハウス

8ハウスは、死と再生を司る。

肉体的な死だけではない。

大きな病気をしたり怪我をすることで、大きく価値観が変わり、生き方が変わる。

つまり、病気や怪我が、引き金になっていることも多い。

12ハウス

12ハウスは深刻な病状を司り、魂が決めて来たものを表す。

健康状態に問題がある時、これらのハウスや支配星を見ていく。

そこに、健康問題を発生させた原因と、解決方法が見えてくるからだ。

このハウスに天体があるから、病気になりやすいということではない。

 

病気は、ホロスコープが持つ、緊張状態がよくない表現をしていると考える。

その表現を変える…思考パターンを変えることで、病気を辞めていくことができる。