月の記憶は、私たちの人生のすべてを知っている、心の奥深くにある貯蔵庫。

どんな体験をして、どんな考え方や想いを持って、どんな選択をしてきたのか。

その選択に、後悔をもっていること、諦めようとしていること、そのすべてを知っている。

私たちひとりひとりが持つ、在り方の形を知ってる。

抑圧してきた自分を、認め、愛し、再び迎えに行く道標だ。

月の記憶は、あなたを責めたりしない。

これまでの人生をねぎらい、慈しむ言葉をかけてくれる。

人は生きていく中で、さまざまな喪失を体験する。 ⁡

大切な人失うこと、ペットを失うこと、仕事を失うこと、健康を失うこと・・・

生きていれば喪失体験は避けられず、特に50代は、親や他の家族、親しい人など、大切な人を失うことが避けられない。  ⁡

私たちは喪失によって深く傷つく。 ⁡

でも、喪失を体験するということは、心から大切だと思えるものが存在したという証しだ。 ⁡

私たちは日々の生活の中で、人との出会いや権威やお金などを得ることに必死になる。 ⁡

多くを獲得することが、人生を豊かにすると信じている。 ⁡

けど、人生において喪失は日常の中で繰り返され、その度に、今を生きることの意味や ⁡、本当の豊かさとは何かを考え直す機会をくれる。

最も大きな喪失は、大切な人を失うこと。 ⁡

その大きな喪失の体験が、月の記憶の扉を開く。 ⁡

月の記憶は幼少期の記憶・母親の記憶・ルーツの記憶。

月は、繰り返される日々の生活の中で、必要なものをパターン化し、必要がないものを、閉じ込める。 ⁡

幼少期の体験から、私たちは生きていくために必要ないと思う感情を抑圧する。 ⁡

心の奥底で、冬眠のように眠らせる。

長い間、閉じ込められた記憶…感情は、どんなに奥深くに閉じ込めたとしてもなくなりはしない。 ⁡

それでも、閉じ込めてしまうのは、私たちを守る月の機能。 ⁡

幼少期の記憶、母親の記憶、ルーツの記憶は、DNAのように受け継がれる。 ⁡

乳幼児期に吸収する、母親の価値観や信念は、母の母、そのまた母とつながっている、ルーツの記憶でもある。

だから、その価値観に合わないものは、抑圧して生きてきた。

けど、その閉じ込められた中に、本当の自分がいるんだとしたら、閉じ込めてきた月の記憶の扉を、開きたいと願う。

けど、月の記憶の扉は、簡単には開かない。

月の記憶の扉を開く鍵は、大きな喪失体験だけだ。

私自身が、母と死別して、強く感じたことは、人生観が変わるほどの、衝撃があるということ。 ⁡

急に倒れたあと、命の決断が何度もやってきたことも、大きかったと思う。

けど、どれほど辛い闘病中だったとしても、見送ることを覚悟していたとしても、どれほど高齢であったとしても、大切な人を亡くすということは、悲しく辛い。 ⁡

こんなに辛い経験の意味は何だろう。

魂に目覚めることで人生観が変わり、本当の自分を生きるため。

その大きな喪失に抗うことができず、それまで抑圧することで調和を保ってきた、それまでの喪失の体験までもが色鮮やかに蘇る。

⁡ 「大切な人をなくした人は、過去をなくす。」という言葉に出会った。 ⁡

本当にそうだろうか? ⁡

過去の記憶は、無くなったりしない。 ⁡

むしろ、今まで触れることがなかった、過去に触れる機会が増え、過去がイキイキと蘇ったり、違う意味を見つけたりする。 ⁡

そして、抑圧してきた自分の感情にも気づき、面と向かうようになる。 ⁡

書き換えられた価値観の中で、新たな自己を見出し、再出発が始まる。 ⁡

魂に目覚め、偽りの人生が終わるのだ。

これは、大切な人が残してくれた、大きなメッセージであり、月の貯蔵庫に蓄えられた、愛の記憶だ。

大きな喪失の体験の中で、本当の幸せとは何かを問い、今をどう生きるのかを考える。

50代・60代の私たちは、残された時間が、生きてきた時間より身近いのは明らか。 ⁡

だとしたら、「月の記憶」の全てを感じて、最期の時に笑って終わりたい。 ⁡ ⁡

 

【月の記憶・関連記事】

右 月の記憶〜抑圧してきた感情
右 天体の調和・不調和~星の可能性を最大限に発揮する
右 出生前の蝕が告げる、あなたが約束してきた未来
右 冥王星が月に重なる時期~深くて強烈な不可逆的な影響
右 Moon River~突然記憶の波から現れた曲

【星の遺言・関連記事】

右 母ロスっていう言葉を初めて知って、星の遺言を届けたいって思った。
右 大切な人が伝えるのは、星の才能を生きること
右 宇宙からのメッセージは、鳥肌が立つほどに、美しい。
右 満月を眺めるたびに、思い出すんだろうな。
右 母を亡くすという経験の意味