中年の危機とは、40代〜50代にやって来る人生の転機。

そのために 喪失という危機的状況が やって来る。 ⁡

私たちは、幸せの中でも、喜びと共に、変化をしていくことが可能だ。

けど、本気で変化をしようとするには、大きなインパクトが必要になる。

私たちが、魂が眠ったまま、現実社会の出来事だけを見て生きているとき、魂は危機的状況を創ることで、アラームを鳴らす。

中年の危機は、魂からの愛のメッセージなのだ。

魂の目的を生きることは、In the Pinkの世界を生きること。

私は、そう思ってる。

私が叶えたい夢~In the Pinkの世界を創ること!

2度の中年の危機から学んだ、魂の目覚めについて、書いていきたい。

私は、42歳の時、子宮全摘をする手術をした時、20年間の看護師生活をやめ、起業した。

それまでの人生を振り返り、今のままではいけないような気がした。

本当に好きなことや、やりたいことをしたいと、考えるようになった。

その時は、うまくいかないっていう想いがよぎることがなく、こんな風なサロンにしたいという意志と、幸せに包まれたような喜びの感情を感じていた。

そして、サロンが軌道に乗るまでは、看護師のバイトをすればいいと思っていた。

だけど、私の前に現れたのは、全く予想外の、「再婚」という機会だった。

魂とつながると、自分が思い描いていることの実現のために、予想外の出来事としてやってくるっていうことを、実体験していた。

この時期は、本当に魂とつながっていたんだろう。

そして、起業塾に入ったことで、状況は一変。

起業塾では、○○すべき、○○しなければいけない、年商を上げるべきという価値観が当たり前だった。

それは、看護師のころ、もっと言えば、それまでの人生で培ってきた、私の価値観と似ていた。

なので、その価値観に引き戻されるのに、多くの時間はかからなかった。

42歳の時、退職・起業・結婚・引越しと人生が大きく変わり、新しい自分になったように感じていたけど、それは一瞬のことで、根底は全く変わっていなかったのだ。

そして、自分の心の奥で感じる、無価値感から行動していたことに、全く気付いてなかった。

欠乏感からの行動は、実を結ばないことが多い。

そのため、今の生き方が間違っていると気づく。

でも、私の場合は、あまりにもその欠乏感が大きく、何とかして手に入れたいという執着も強かったため、無理やり、見せかけの成功を、手に入れてしまったのだ。

もちろん、そんなものを手に入れても、幸せや喜びを感じられるはずはなかった。

そんな生活が続いたころ、動悸がひどくなった。

でも、それも無視し続けた結果、母の死をきっかけに、今まで感じたことがない不安感と体調の不良で、普段の生活さえままならなくなった。

そうして、偽りの人生を手放さざるをえなかった。

そこから、体と魂のつながりについて、様々な方向から、学ぶことになった。

そして、魂に目覚め本当の自分を生きることを、伝えていきたいと思った。

まだまだ、道半ば。

悟りきることはないって思う。

だけど、今の私に伝えられることを、伝えたいという想いに正直になろうと思ってる。

人生を振り返ってみると、何度か不思議な体験をしている。

本当に魂とつながった時、人によっては、量子場とつながった時っていう言い方をするかもしれないけど、そんなときには、不思議なことが起こる。

こちらの記事も、参考にしてほしい。

天使が鳴らした、玄関チャイム

消えた大型トラック

封筒に用意されていた、8万円

 

中年の危機

危機的状況① 物理的喪失

事故や病気など 健康が脅かされるもの。今まで当たり前にあったものの喪失。

病気になって、人生が変わったという人がいる。

それは、病気により、様々な制限を体験し、自分の死、つまり人生の終わりを、リアルに感じるからだ。

本当に、このままの生き方で、いいのだろうかという、疑問がやって来る。

 

危機的状況② 感情的喪失

死別や離別、子供の自立などによる、身近な人との別れや役割の喪失 ⁡ ⁡

生きている限り、人と出逢い別れるのは、避けられない。

中でも、大切な家族を亡くすという経験は、大きく感情を揺すぶり、人によっては、生きている意味を問い直すことになるだろう。

 

危機的状況③ 精神的喪失

何らかの挫折や自信喪失。今まで当たり前に、できていたことが、できなくなることなど。

何を挫折だと感じるのかは、人によって異なる。

なので、その事実が何かということはあまり関係がなく、受けた損失の大きさが重要だ。

例えば、今まで受験や就職などで、挫折を経験したことがなかった人が、初めて味わう挫折は、非常に大きな影響を与えるだろう。

 

危機的状況④ 経済的喪失

自分または配偶者など、生活を共にする人の失業や倒産など。

お金が全てではないけど、経済的な危機は、人生を考え直す大きなきっかけとなる。

今まで当たり前にできていたことが、できなくなることで、価値観が問い直される。

好きだと思って購入し、手元に置いていたものは、本当に自分の人生を支えるものだったのか?

 

自分を分離してきた結果としての危機

私たちは、生きていくために、肯定的な部分だけを認め、否定的な部分を排除することで、セルフイメージを作りあげる。

それは、自分を分離することに他ならない。

これらのセルフイメージを作るために、排除・抑圧し分離している人格を、取り戻すことで、ギャップが埋まり、本来の自分に戻る。

抑圧している自分だけではなく、表で頑張ってきた自分も、すべて自分だと認め、統合していくことで、魂が目覚める。

今までの経験、それが望まないものであっても、そこには、魂の目的が隠されている。

それに気づき、何のために、苦しくつらい経験をしてきたのかを理解し始めると、ゆっくりと現実が変わってくる。

 

セルフイメージ① ヒーロー

社会的な評価を得るような人格を演じる

自分の中にある社会的な評価を得られない自分、無能な自分、劣等な自分を否定、排除、分離

 

セルフイメージ② スケープゴート

家族の不満や鬱憤を全て引き受け、自虐する人格を演じる

善人の自分、優秀な自分、信頼される自分、幸せな自分を否定し、排除、分離

 

セルフイメージ③ ロストチャイルド

存在しない子供という人格を演じる

甘える自分、わかがまな自分、話すことや自己主張する自分、目立つ自分などを否定し、排除、分離

 

セルフイメージ④ ケアテイカー

家族の世話、家族を支える人格を演じる

人の役に立たない自分や、人から必要とされない自分を否定し、排除、分離

 

セルフイメージ⑤ ピエロ

家族の険悪な雰囲気を解消するため、ひょうきん者の人格を演じる

怒る自分、寂しい自分、孤独な自分、恐れている自分など、自分のネガティブな思いや感情を素直に表現する自分を否定、排除、分離

 

中年の危機を起こす前に、ケアすることができる

私たちは、自分の魂と 向き合わないために 仕事や役割などで 忙しくしていることがある。

それは、迫りくるふたつの壁の間で、何とかふたつがくっつかないようにと、両腕で押しているような感じ。

社会から認められ、自分でも肯定している自分と、表に出すのが怖くて、抑圧してきた自分という壁だ。

危機的状況を迎え、両方の壁の間で、力を失った時、つまり今までの当たり前が壊れた時に初めて、魂と向き合う。 ⁡

魂の目覚めが起こる ⁡ 

けど、危機的状況を待つ必要はない。

喜びに包まれ、前に進みながら変化していくことは可能なのだ。

女性のキャリアを支える心からの喜び