過去の自分からの手紙

\月の記憶の声を聴く人/

月の記憶の声を聴くと
本当の自分に出逢える!

あなたの人生最悪!」という占い師一言から始まった占星術の探求➡鑑定人数10000人越えの占星家へ

➡最新情報はアメブロから
➡みぶき えみの世界観はこちらから

5年前にイベントで書いた、自分への手紙が届いた。

当然、こんな手紙を書いたことなんて、すっかり忘れていた。

占星術がずっと好きだっていうのは、疑わなかったんだろうな。

あの頃ハマってた沖縄は、今はあまり興味がなくなっちゃったけど(笑)

冥王星を伴った、逆行中の金星が、ネイタルの月の上だからかな。

自分にとっての、豊かさって何?って、言われてるよう。

そして、すごくびっくりしたことが!

「絵をかいたり」っていう一文。

時々、絵のワークショップに行ったことはあったけど、自分がこんなにも絵を描くなんて、思ってもなかった。

顕在意識では、考えてなかったはずなんだよね。

絵を仕事にしたいとか、絵がとてもうまいとか、ずっと美術部だったとか、そういう人が周りに沢山いて、絵は、その人たちのものって、思ってたのかもしれない。

それが、5年も先に届く手紙だっていうことで、潜在意識に、触れやすかったのかもしれない。

クリスマスイブに届いた手紙は、まるで、時を超えたサンタさんからの、贈り物みたいだ。

 

 

ふんわり風船星 25,000人が読んだ・星のメルマガ

鑑定人数10,000人越えの
「月の記憶」の声を聴く心理占星家
みぶき えみがお届けする星の言葉たち

ー人生が変わる星の世界24ステップー
50代の選択が、未来を分ける!

◉24通の無料メール講座に登録

image

月の記憶の声を聴くことは、本当の自分に戻ること。
自分を生きると、仕事、健康、お金、人生が変わる!