亡くなった人のホロスコープが、強く伝えようとしていること

\月の記憶の声を聴く人/

月の記憶の声を聴くと
本当の自分に出逢える!

あなたの人生最悪!」という占い師一言から始まった占星術の探求➡鑑定人数10000人越えの占星家へ

➡最新情報はアメブロから
➡みぶき えみの世界観はこちらから

先日から、少しづつ見させてもらってる、亡くなった方のホロスコープ。

私自身や弟もそうだけど、ご依頼のお客さまのホロスコープの、ライツかアングルに関わっていることが、とっても多い。

先日のお客さま、お母さまが亡くなられた日のホロスコープの、海王星が、お客さまのホロスコープの、MCに正確に重なってた。

お客さまは、仕事のことで行き詰ってて、解決の方向性を探してたけど、そこに、大きなヒントがったようだ。

今日のお客さまは、お父さまが残したホロスコープの太陽が、ディセンダントに、正確に重なってた。

今からやっていきたいと思っていることが、人と深く関わっていくことでもあり、お父さまを亡くしたことによって、わき上がってきた、自分の中にある、不要な思い込みも、明らかになった。

なかなか、詳細には書けないけど、こんなにも反応するものなのかと、私もびっくりだった。

そして・・・

私の中にも、まだこんな思い込みがあったんだってことも、発見して、それをケアすることで、「生きる」ことって、素晴らしいなって、素直に思えた。

星の遺言~亡くなった人からのメッセージ

 

image