輝いて見えるものだけが、あなたの才能でしょうか?

\月の記憶の声を聴く心理占星家/

月の記憶の声を聴くと
本当の自分に出逢える!

「あなたの人生最悪!」という占い師一言から始まった占星術の探求
 ➡鑑定人数10000人越えの占星家へ

➡みぶき えみの世界観はこちらから
➡X(Twitter)はこちらから

● 輝いて見えるものだけが、あなたの才能でしょうか?

こんにちは。大人のための占星家・蛭田えみ(Emmy)です。

「私にも、才能があるんでしょうか?」

こう言われる方は多い。

もちろん、みんな生まれ持った才能がある。

だけど、見つけられない。

それは、どうしてなのか?

私たちは、才能っていうと、持っているだけで素晴らしい、何かキラキラしたもののように、捉えてる。

だけど、そうじゃないのだ。

イチローは、野球の才能があるけれど、持って生まれたままで、今のような活躍をしているのだろうか?

根気強く、才能を育てたからこそ、今があるんじゃない?

才能は、原石みたいなもの。

(数年前は、あなたが握っているのは、磨けば輝く原石ですっていうのを、キャッチフレーズにしていた頃があったけど)

磨かなければ、輝かない。

鉱山で原石を見つける時、宝石店に並んでいるような、ルビーをイメージしていては、目の前の原石を、見つけることはできない。

人は、思い込みが激しいのだ。

先日、トランプのハートのAを探すというワークをした。

そのトランプは、ハートのAが黒だったからだ。

かなりの確率で、黒のハートのAは、見逃される。

ハートのAと言えば、赤でしょっていう、思い込みがあるからだ。

才能が、キラキラ輝くものだと思って探していたら、いつまでたっても、見つからない。

それより、人生の中で、経験してきたことや、今目の前にあるものを、ちゃんと見た方が、本当の才能が見つかるのだ。

才能は、決して、最初から輝いているものじゃない。

あなたの才能は、見つけてほしくて、いろんなメッセージ送ってるかも。

あなたの星の世界をのぞいてみましょう❣