理想化とこきおろし

\月の記憶の声を聴く人/

月の記憶の声を聴くと
本当の自分に出逢える!

あなたの人生最悪!」という占い師一言から始まった占星術の探求➡鑑定人数10000人越えの占星家へ

➡最新情報はアメブロから
➡みぶき えみの世界観はこちらから

理想化とこきおろしとは、相手を勝手に理想化し、それと違う面が見えると、勝手に裏切られたと思って、攻撃したりすること。

最近は、SNSなどで情報発信している人も多い。

苦しい思いを抱え、無意識に抑圧していると、その心に触れ、癒してくれるような投稿をしている人を見つけることがある。

すると、こんな気持ちになりやすい。

「私のことを分かってくれる人がいた!」

そして、同じような投稿を読み進め、さらに、その人を理想化していく。

まるで救世主であるかのように。

しかし、あなたとその人は別人。

共感する想いがあるとしても、全く同じであり得るわけはない。

なので、ちょっと自分の考えと違う、違和感のある投稿を見つけると、全否定に走る。

「裏切られた!」 「傷つけられた!」「こんなことを言う人だった なんて!!」

さんざん相手を理想化したのは自分なのに、勝手に裏切られたと解釈して、手のひらを返し攻撃してくるのだ。

もし、理想化が存在せず、フラットな立場で見ているなら、この考え方は私とは違うなって思う程度。

そして、考え方がわないと思うったら、フォローを外してしまえばいい。

けど、理想化とこきおろしの中にいる人は、それができない。

わざわざ「あなたがひどい人だから、フォロー解除します」とか、時には、「あなたがひどい人だと、言いふらします」みたいに言ってくる場合もある。

「あなたより、もっと権威のある○○さんも私と同じ意見です」とか。

一歩引いてみると笑えるんだけど、渦中にいる当事者は真剣そのもの。

勝手に自分の中で、相手を理想化し、勝手に相手にすごく期待し、自分が期待した行動をとってくれないと、キレる。

相手の都合は一切考えない。

そして、すべてが勝ち負けになっているから、最後に捨て台詞を吐かないと、気が済まない。

もちろん、この人が悪いというわけじゃなく、もともとは自分を守るためのもの。

親子関係の中で、抑圧してきたものが大きく関係している。

本当は、親に分かってほしかった。

本当は親に愛してほしかった。

この抑圧した思いの投影が、相手に対し親を重ね、理想の親を演じてほしいと願うのだ。

もちろん、本人がこれに気づき、解決していくことが必要だろう。

その、対象になりやすい職業が、カウンセラーや治療家など、人をケアするお仕事の人。

私をわかってくれると思った瞬間、ただの他者として中立的に見ることができないのだ。

私は以前、プロフィールに「元看護師」と書いていたことがあった。

すると、このような理想化とこきおろしのような状況に陥ることがあった。

当時は、理想化とこきおろしってことを知らなかったから、巻き込まれて混乱した。

占星術講座で、対面の日程変更を行うことは、珍しくない。

それは、様々な事情もあるから、対応可能な場合は、それでいいと思っていた。

しかし、無連絡のドタキャンは、違うし、コミュニティ内でのルールもある。

でも、そんな時よくこういわれていたのだ。

「元看護師さんだから、病気の私には特別にしてくれると思ってた。」

「元看護師さんなのに、私の辛さを分かってくれない。」

その時は、わけがわからず、感情が揺さぶられ、巻き込まれてしまった。

情報を発信する時、これを知ってるのは必要なんじゃないかと思う。

相手の感情的な攻撃に巻き込まれないこと。

弱い私を傷つけたといわれると、何か悪いことをしたんじゃないかと思ってしまう自分がいた。

そして、自分の正当性を主張したくなる。

でも、そんなことは必要ない。

この出来事は、どうして私に必要だったのか?

自分の正しさを主張したいと思う気持ちの、根底にあるものを見直す時期なもかもしれないな、なんて、気楽に考えられたらいいんじゃないかな。

 

 

 

 

ふんわり風船星 25,000人が読んだ・星のメルマガ

鑑定人数10,000人越えの
「月の記憶」の声を聴く心理占星家
みぶき えみがお届けする星の言葉たち

ー人生が変わる星の世界24ステップー
50代の選択が、未来を分ける!

◉24通の無料メール講座に登録

image

月の記憶の声を聴くことは、本当の自分に戻ること。
自分を生きると、仕事、健康、お金、人生が変わる!