なぜ、天職探しをやめると、人生の使命を生きられるのか。

\月の記憶の声を聴く人/

月の記憶の声を聴くと
本当の自分に出逢える!

あなたの人生最悪!」という占い師一言から始まった占星術の探求➡鑑定人数10000人越えの占星家へ

➡最新情報はアメブロから
➡みぶき えみの世界観はこちらから

何度か書いていますが、占星術のコンサルの多くが、仕事に関すること。

「私の天職は、何なのだろう」と、悩んでいる方が多いのだ。

私の天職は弁護士!

私の天職は占い師!

そんな風に、持っている才能を生かせる職業がわかると、幸せになるって思ってる。

だけど、違う。

天職って、そもそも、職業じゃない。

だから、多くの人が、天職を探しても見つからないし、何だか満足感のない人生だと、感じるのだ。

 

では、天職って何なのか?

天職は、英語ではCalling。

天から与えられたものだ。

自分の喜びや豊かさのために選ぶというより、与えられたものに、心を尽くしていたら、天職になっていったという感じだ。

その過程には、葛藤もあるだろうし、持って生まれた才能を、どのように生かしたらいいのかという、壁にもぶつかるだろう。

もしかしたら、自分が思い描いていたものとは、違うかもしれない。

ホロスコープには、たくさんの星の才能や、あなた自身が深く望むことが描かれている。

けど、それは職業を特定するものじゃない。

本当にあなたが求めるもののために、星の才能をどう生かすのかが重要だ。

ホロスコープの表示はとても象徴的だ。

その質を、あなたがやりたい仕事のために、どんな風に生かしていくのか?

もし、天職を知ったら、豊かに生きられるという想いがあるなら、まずは、そこから変えていく必要があるはずだ。

 

なぜ、天職探しをやめると、人生の使命を生きられるのか?

天職を探している間は、「本当の私を生きていない」という感覚を持つ人も多い。

いつか、本当の自分として生きるための、リハーサル。

今をそんな風にとらえている。

本当の私は、もっと素晴らしいという幻想。

今の自分を受け入れることを、避けているだけの天職探し。

最初にやることは、情けなくても、理想通りじゃなくても、今の自分を本当の自分として、受け入れること。

人生にリハーサルなんてない。

今、目の前のことに、心をこめることができなければ、いくら探したって、完成された「天職」がやって来るわけじゃないのだ。

 

天職は、楽してキラキラできるものじゃない

天職に生きると、楽して豊かさを得られると思っている人がいる。

そうじゃない。

もし、苦境から立ち上がる苦労を、繰り返ししながら、人のために何かをささげることが、天職だとしたら?

そう告げられても、あなたは、他の答えを探してさまようだろう。

天職って、使命と似てる。

使命って、命を使う事。

自分ができることを、とことん使って、表現することじゃないのかな。

だから、何かスゴイものになることじゃなくて、日々を大切に生きること。

結局何でもそうだけど、いきなり、とてつもない大きなものを創ることなんてできない。

日々の1歩1歩が、積み重なって、大きなものになる。

だけど、今ここを大切にできない時って、いきなり大きなものを作ろうとする。

大きな夢も、本当に叶えたいものなら、そこまでの階段を一歩一歩登っていくことを、苦痛だとは思わないだろう。

天職は、自分が生きてきた中で、見つけていくから、受け入れることができるのだ。

 

♪音声配信はこちらから

 

 

ふんわり風船星 25,000人が読んだ・星のメルマガ

鑑定人数10,000人越えの
「月の記憶」の声を聴く心理占星家
みぶき えみがお届けする星の言葉たち

ー人生が変わる星の世界24ステップー
50代の選択が、未来を分ける!

◉24通の無料メール講座に登録

image

月の記憶の声を聴くことは、本当の自分に戻ること。
自分を生きると、仕事、健康、お金、人生が変わる!