新しい時代を生きるために必要な、土星と天王星の力②

\月の記憶の声を聴く人/

月の記憶の声を聴くと
本当の自分に出逢える!

あなたの人生最悪!」という占い師一言から始まった占星術の探求➡鑑定人数10000人越えの占星家へ

➡最新情報はアメブロから
➡みぶき えみの世界観はこちらから

● 新しい時代を生きるために必要な、土星と天王星の力②

こんにちは。蛭田えみです。

新しい時代を生きるために必要な、土星と天王星の力の続き。

天王星は、強烈に個を生きたいと願う気持ちを、行動にする。

トランスサタニアンである天王星は、個人の質としては、捉えにくいもの。

しかし、私たちの人生の大きな転機には、必ず何らかの刺激を与えてくれる。

ずっと同じことをしていると、その善悪が判らなくなるけど、新しい刺激を得ることで、見直そうとする働きだ。

看護師の時は、残業が当たり前だった。

そして、無給の休日出勤も、当たり前のように行われていた。

だけど、その中にいると、それが変だってわからなくなる。

天王星は、42歳頃に人生の問いかけをしてくる。

それは、個人のホロスコープによって、大きな質の違いがある。

私は、42歳で看護師をやめ、43歳で結婚した。

42歳はもちろんのこと、41歳の時にも天王星の大きな影響を受けていたので、この流れになったのだ。

今、決断を迷っているなら、天王星の声を聴いてみるのも、ひとつの方法。

image